おすすめメニュー




 麦イカもんじゃ・麦イカ鉄板焼き ★NEW★

新しい商品です。
麦イカとはあまり聞き慣れない名前ですが、するめいかのこどもです。
仕入れている魚市場の業者さん(といっても、私のいとこですが)の話では、秋田沖から青森沖(津軽海峡)でとれます。
このいかをまぐろが沢山食べて脂がのってくるそうです。そしてそのまぐろこそ「大間のまぐろ」です。スーパー等の一般の小売店ではあまり出回らないレアなイカです。
身はプリプリしてびっくりするほどやわらかい、本当に美味しいイカです。

是非ともお試しいただきたい商品です♪

 スペシャルもんじゃ

明太子もんじゃ+もち+チーズもんじゃと並んで当店の一番人気メニューです。いか・たこ・えび・ほたて・かに・コーン・ねぎ の7種類がトッピングされた豪華なもんじゃ焼きです。これだけの海鮮が入っているだけにそれぞれのトッピングからでるダシは本当に濃厚です。

 辛(しん)もんじゃ

夏・冬限定の「辛(しん)もんじゃ」かなり辛いもんじゃ焼きですので万人受けする商品ではないのですが、食べたい!と、おっしゃって下さるお客様は少なくありません。
辛いもの好きなお客様、是非お試し下さい。

 きのこもんじゃ


もんじゃという食べ物はとてもヘルシーだと思っています。何にもトッピングのない素もんじゃでもとんかつの付け合わせ以上のキャベツを使います。私もそうですが、炭水化物を控えるように言われている方や、ダイエットの為炭水化物をなるべく食べないように気をつけていらっしゃる方にも、もんじゃは良い食べ物だと思います。トマトもんじゃ・きのこもんじゃ・ねぎもんじゃ等の野菜類のもんじゃにすればより野菜をたっぷり摂れます。ミネラルが必要なら今が旬のかき、カルシウムならじゃこ等、海鮮系の食材をトッピングすれば補給できます。食事を制限しなければならないと食事が単調になりがちですが、もんじゃは同じ食材でもカレー、キムチ、味噌等に味を変えられます。4人で食べれば3,4種類の味は楽しめます。みなさま是非ご賞味あれ。

 素もんじゃ(すもんじゃ)


お客様からたまに「普通のベーシックなもんじゃ下さい」とのご注文があります。私は「トッピングのない『素もんじゃ』ですね?」と確認してからお出しします。写真が『素もんじゃ』です。なにものってないとはいえ、もんじゃのスープ・キャベツの他に、あげだま・きりいか・桜えびはのってます。『素もんじゃ』を注文すれば、月島のほとんどのお店がこれをお出しすると思います。当店のもんじゃのベースの味付けは、他にトッピングをして味が濃くなった場合を想定して下味を薄めにしております。焼きあがり後、味見をした上で、卓上のソースでお好みの味に仕上げて頂ければと思います。

 明太子もんじゃ+もち+チーズもんじゃ

大人気! 明太子+もち+チーズもんじゃ
このもんじゃは、圧倒的な人気もんじゃですね。明太子自体が苦手な方を除いて、ほとんどのお客様が召し上がります。

 くらげもんじゃ+そば

焼きそばのそばに、中華風に味付けされたくらげが乗っています。この中華くらげが意外ともんじゃ焼きに合います。いつも同じものを注文してしまうから、たまには別のもんじゃ食べてみたいなぁと、思いましたらちょっと試してもらいたい、もんじゃ焼きの一つです。

 トマトもんじゃ+ひき肉+チーズ

トマトもんじゃにひき肉とチーズをトッピングした少しイタリアンなもんじゃ焼きです。トマトの酸味がもんじゃ全体をあっさりした味にします。写真のもんじゃ焼きもお勧めですが、このもんじゃ焼きにさらにカレーを加えたもんじゃ焼きもお勧めです。

 海老もんじゃ+もち+ベビースター


フラワーという種類の海老(鉄板焼き用)2尾とむき海老の2種類の海老がのったもんじゃに、おもちとベビースターがトッピングされた人気の一品です。シンプルですが、飽きのこないオーソドックスな味です。トッピングのベビースターですが、キャベツ等と一緒に先に混ぜてしまっても、焼きあがったもんじゃい振りかけても、もんじゃに加えずそのまま食べてしまってもお好みに合わせてお楽しみ下さい。これだけではつまらないので、私のおすすめのベビースター利用法は、具を焼き、土手にもんじゃのつゆを入れた段階で半分投入。そして、焼きあがった後に、残り半分を振りかけます。そうすると、ベビースターの味がもんじゃに混ざり、後のせのベビースターでパリパリした感じを味わえるので、一石二鳥かなと思っています。

 四川風もんじゃ


素もんじゃに、ひき肉・ねぎ・豆腐・豆板醤を合わせた、麻婆豆腐っぽいもんじゃです。豆板醤を入れる量により変わりますが、普通に出している量でしたら、ちょっと辛いかな…、くらいです。お子様には向きませんが、少し辛いもんじゃが食べたいという方にはお勧めです。四川風もんじゃの焼き方のコツは、まず、ねぎと豆板醤を先に炒めてしまう事です。 この作業をする事で、豆板醤の香りがねぎに移り、まろやかな辛さになります。トッピングとしては、チーズや味噌が良く合います。味噌とそばを入れるとジャージャー麺っぽい雰囲気になります。

 K’sもんじゃ


5食限定といっても、『海鮮もんじゃ片岡』と『海鮮もんじゃけい』でそれぞれ5食なので、正確には10食なんですが…いか・タコ・ホタテ・カニ・コーン・ねぎ・明太子一腹・鉄板焼き用の海老2尾とかきorあさりがトッピングされた豪華版のもんじゃです。海鮮類の全部のせです。普通にトッピングの金額を足していくと2000円以上してしまうのですが、数量を限定して1500円にしました。

 旬の魚介(アサリ)もんじゃ+特製味噌+ネギ


三河湾でとれたアサリをむき身にしたものを使用しております。もんじゃにも、お好み焼きにも良く合います。こんなアサリは、多分他のお店では使えないと思います。アサリに味噌にネギ!合わないわけがありません!

 いかもんじゃとそばもんじゃ


このもんじゃは、昔からあるもんじゃで、私が小さい頃、親に連れられてもんじゃ屋へ行くと、親はいかもんじゃかそばもんじゃしか頼みませんでした。他にも何種類かあったとは思うのですが、思い出せません。 もちろん、その当時には、明太子もんじゃなんてありませんでしたし、想像すらしたことがありませんでした。そばもんじゃというと、日本そばをイメージしてしまうお客様が中にはいらっしゃいますが、焼きそばのそばです。今、もんじゃ屋を営業していて、しみじみ美味しいもんじゃ・懐かしく美味しいもんじゃは、いかもんじゃとそばもんじゃです。トッピングをいろいろと入れて食べるもんじゃも美味しいのですが、シンプルな昔ながらのもんじゃも味わって欲しいと思います。

 梅干しもんじゃ+ジャコ


梅干しとジャコですので、少々塩分が強いはずですが、梅干しの酸味のおかげでサッパリと食べられます。 いろいろなもんじゃを食べた後、締めにこのもんじゃを食べると良いのでは?と思っていましたので、お客様にそのようにおすすめしましたら、お客様が食べ終えて、『口がサッパリとしたおかげで、またもんじゃが食べたくなった!』と、おっしゃいました。ちょっと面白いもんじゃです。

 ホタテコーンバター


ホタテ・コーン・バターもんじゃです。 大人から子供まで、皆様に好評のもんじゃです。刺身でも食べられる大きなホタテと、ベビーホタテを合わせ、コーンとバターという、少し北海道チックなもんじゃです。もんじゃ屋で、ホタテというと、ボイルしたヒモとワタがついたホタテを出すお店が多いのですが、私どもは、貝柱を使用しています。 鉄板焼きでホタテをご注文頂いた時も、この貝柱をお出しします。もんじゃで召し上がる場合、もったいないですが、ヘラでキャベツと一緒に細かく刻んで下さいませ。バターは、油の代わりに最初にひいてからもんじゃを焼くパターンと、焼きあがったもんじゃに最後に混ぜるパターンとありますが、私の個人的なオススメは、先バターです。バターの焦げた風味も味わえるのが良いと思っています。

 お好み焼き


一般的に、お好み焼きよりもんじゃの方が焼き方が難しいと感じているようですが、プロ(一応)である私からみるとお好み焼きの方が難しく感じます。なぜか?生地のかたさの維持が難しいのです。 これは気温や湿度が影響するかなり微妙な変化なので、毎日毎時間見ていないと難しいのですが。これは店側で微調整するようにしているので、お客様には余り影響のないようにしています。それよりも、焼き方です。もんじゃの場合は、鉄板に油をひき、具を入れて・炒めて・土手を作り・もんじゃのつゆを流し込み・再び混ぜて・薄く広げて・出来上がり。お好み焼きは、生地と具材を良く混ぜて・鉄板にのせ・片面が焼けたらひっくり返し・焼きあがったら出来上がり。手順は確かにもんじゃの方が多く難しく感じますが、焼き始める前の鉄板の温度と手順さえ間違わなければ、どなたでも一定のレベルのもんじゃを焼けます。お好み焼きの場合は、手順は少なくどなたでも焼くことはできるのですが、『美味しく』焼きあげるのは難しいと思います。 差はもんじゃよりもはっきり出ます。お好み焼きも店により生地が全く変わってしまいますので、あくまでも当店の場合は、です。さて、最後にお好み焼きを簡単に美味しく作るコツ (あくまでも、「当店」のお好み焼きです) をお伝えします。
・鉄板を充分に温める
・生地はよく混ぜる
・混ぜた生地を鉄板にのせ形を整えたらいじらない
・中火にして、5分・ひっくり返して5分・もう一回ひっくり返して5分の計15分焼く
・ひっくり返す時以外いじらない
これだけで、今までより格段に美味しいお好み焼きを作る事が出来ます。でも、焼いているのを待っている時ヒマだから、つい早めにひっくり返したり、いじっちゃうんですよね…
さて、焼きあがったお好み焼きに、ソースを塗り、マヨネーズをつけて…
となるのですが、できればソース等を塗ってしまう前に他の味も試して頂きたいと思っています。切り分けたお好み焼きに、醤油を両面に1、2滴ずつたらしてお好みで七味を振って召し上がってみて下さい。あっさりとしてお好み焼き自体の味わいを楽しめます。もちろん、マヨネーズ好きには醤油マヨも合います。醤油マヨ七味は、あたりめやエイヒレだけでなく、お好み焼きにも通用しますよ!私は、海鮮系のお好み焼きには醤油、肉系のお好み焼きにはソースか醤油マヨで食べています。もうひとつ、お好み焼きにもチーズのトッピングが合います。最初に一緒に混ぜると、コクとチーズの風味が加わりより美味しく召し上がれます。味の好みは十人十色ですから、どのお好み焼きにも「ソース&マヨネーズ」ではなく、色々と試して頂きたいなぁと、思っております。

 キムチ焼きそば

キムチをトッピングしてキムチ焼きそばにすると美味しく食べられます。軽く塩・胡椒をしてこれまた軽くウスターソースをかけまわし、キムチを混ぜるだけで出来上がり♪食事のシメでも良いのですが、ビールやハイボール等お酒のつまみにもピッタリです!

 焼きうどん

普通のうどんではなく、幅広のうどんをつかっています。幅1・5センチくらいはあります。味付けは塩・胡椒・醤油で、最後に鰹節をかけ、よく混ぜて食べてください。ソースも悪くはないのですが、醤油の方をお勧めです。

 今年のかき


10月から3月の「旬の魚介」はかきになります。鉄板焼き、もんじゃ、お好み焼き、それぞれ美味しく頂けます。基本的には、三陸産のかきを使用していますが、入荷の状況では三重県の的矢産になる事もございます。

 生鮭ときのこのマヨホイル


当店人気つまみメニューの一つ「生鮭ときのこのマヨホイル」です。写真は、ホイルを包む前の段階です。中には長葱、えのき、しめじ、生鮭が入っています。焼き上がり、ホイルを開いたときに湯気とともにマヨネーズの香りが広がります。意外にすぐ焼き上がるので、もんじゃを召し上がる前にちょっとつまんでみてはいかがでしょうか

 殻付きほたて


この商品は、普段のメニューの中には入っていません。スペシャルコース(3000円/人、3名様~)の中の一品です。人数分お出しいたします。その上、活け車エビも人数分ご用意いたします。主に北海道産を利用しています。熱い鉄板にバターと共にのせ、両面に薄く焦げ目がつくまで焼きます。それだけ焼いても身がかなり厚いので、中はレア状態です。塩・胡椒をしてアツアツを頬張って食べて下さい。ほたてってこんなに甘いんだ!と、実感できますよ♪本来、コースのみ (お得です。) でしかご用意できませんが、「ホームページを見た。」とおっしゃって頂ければ、特別に用意致します。その日の卸値次第ですのでバラつきはありますが、1つ600~800円でご用意できるとおもいます。ちょっと贅沢をしても美味しいものが食べたいと思いましたら、是非ご注文下さい。ご注文頂いてから発注しますので、2・3日前にご予約下さいますようお願いいたします。詳しくは、お電話でお問い合わせください(Tel 03-5548-7878 片岡まで)

 チョリソー


もんじゃやお好み焼きを食べ始める前にちょっと鉄板焼きでも…
このチョリソー、ちょっと辛めです。板橋区大山にあるお肉屋さんに特別に注文して作ってもらっています。アツアツのチョリソーをプリッとかじり、そのあとに飲むビールやハイボールをグビグビ飲むと幸せな気持ちになりますよ♪ビールやハイボールとは抜群の相性の良さです。

 いかの丸ごとホイル


するめいかが丸ごと一パイ入ったホイルです。このするめいかは、青森産(たまに北海道産)のいかを使っています。アルミホイルに長葱を敷き、輪切りにしたいかをのせ、軽く塩・胡椒をして包んであります。それを鉄板にのせ蒸し焼きにします。特別な味付けは一切していません。全てはいかといかわたが美味しい味を出してくれます。ホイルにあるいかや葱をあらかたたべてしまったあと残った汁で、葱を追加して浸してつまみとして召し上がるか、いかもんじゃや、スペシャルもんじゃに加えてこくのあるもんじゃを楽しむのも良いかと思います。

 アスパラベーコン

アスパラには軽く火を通してあるので、ベーコンの表面に軽く焦げ目がついたら食べごろです。
ベーコン自体の塩気があるのでそのままでも美味しいですが、私は両端のアスパラの部分に1,2滴ずつくらい醤油をたらします。
お好み焼きは焼き上がるまで時間がかかるので、一緒に注文してお好み焼きが焼き上がるのを待ちながら召し上がると良いのではないでしょうか。

 味付き数の子


この数の子は、予め薄い出汁で味付けされております。
ご来店になった時に必ずご注文下さるお客様が大勢いらっしゃいます。

 赤ウインナー


『赤ウインナー』です。ウインナーの半分に切れ目を入れてあり、焼いていくうちに、写真のように広がっていき、懐かしのお弁当のおかず『たこさんウインナー』になります。海鮮の鉄板焼きと一緒に、ちょいと一口食べていただきたい一品です。

 もやし鉄板焼き


もやしに、揚げ玉とバターだけのシンプルな鉄板焼きなんですが、これがシャキシャキして美味しいのです! お客様も、ご家庭等で食べ慣れた野菜ですので、軽い気持ちでご注文しますが、口に入れると、「あれっ?」っていう感じで驚き、笑顔を浮かべます。焼き台の火力と鉄板のおかげで、自宅ではなかなか味わえない歯ざわりを楽しめます。ヘルシーですし、安いので私のオススメの一つです。

 鳥なんこつ鉄板焼き


なんこつに塩・胡椒をし、ゴマ油でからめてお出しします。事前に鉄板に油を引く必要はありませんので、直接焼いて下さい。

 トントロ鉄板焼き


トントロを少し厚めにスライスしてお出しします。塩・胡椒であっさり召し上がると良いと思います。
もし、もっとあっさりさせたい場合は、ポン酢をご用意します。これも、トントロ自身から脂が出ますので、事前に油を引かずに直接焼いて下さい。

 平貝(たいらがい)鉄板焼き


平貝の殻は黒くて大きく、ヒモの部分もありますが、貝柱の部分だけ食べます。
貝柱だけになった外見は、大きなホタテ貝柱といった感じですが、ホタテよりも身が硬く、意外に歯ごたえがあります。この貝柱をスライスして、鉄板焼きとしてお出しします。熱い鉄板にバターを落とし、平貝をその上に乗せ、軽く塩・胡椒をし、醤油を垂らして召し上がっていただきます。歯ごたえのある貝柱を噛み締めると、濃縮された旨味が口内に広がります。

 キムチ


キムチは美味しいですよね!漬物として食べても、料理に使っても美味しく頂けます。もんじゃにもお好み焼きにも焼きそばにも、キムチは合います。キムチ自体、かなり主張する味ですが、海鮮類・肉類・野菜類のもんじゃ、ほとんど大丈夫です。お好みで試していただきたいと思います。写真は、代表的な組み合わせ、豚もんじゃにキムチです。

 海鮮ホイル


海老・ホタテ・鮭・カニ等海鮮類たっぷりのホイル焼きです。 軽く塩・胡椒してあります。 味が薄く感じましたら、少し醤油をたらすと美味しいです。ポン酢も合います。

 キノコホイル


長ネギにしめじ・えのきをのせて、コーンを足して甘味をだします。これも、軽く塩・胡椒してあります。ヘルシーな人気メニューです。

 焼きそば


焼きそば(二人前)です。 ひき肉・豚肉が入った野菜たっぷりの焼きそばです。

 海鮮焼きそば


海鮮焼きそばです。お肉の苦手な方にオススメです。 いか・タコ・ホタテ・海老が入っています。

 五目焼きそば


五目焼きそばです。肉類・海鮮類両方入った豪華な焼きそばです。当然、オススメです。

 はんぺん焼き


はんぺんは、おでんの具に良く使われますが、鉄板焼きにしても大変美味しく食べられます。熱々フワフワのはんぺんに少しだけ醤油をたらして、香ばしさをプラスして召し上がって下さい。はんぺんに、ひき肉とチーズをそれぞれ二つずつはさんで、お出ししている『具入りはんぺん焼き』です。ひき肉・チーズを挟むとまた違った味わいが広がります。中に挟む具をチーズのみや、ひき肉のみにも出来ますので、ご希望の場合は注文時にお伝えください。

 えのきベーコン


えのきベーコンです。えのきは火が通り易いので、ベーコンに焼き目がついて、えのきがくたっとなったら食べ頃です。

 にんにくホイル


翌日の事を考えると控えたくなったりしますが、あのにんにくの焼けるかおりは食欲をそそります。アルミホイルで作った箱に、にんにくを何個もまるごと入れて、味付けをしたあとゴマ油で浸します。このホイルを鉄板に乗せて油がグツグツするまで待って出来上がりです。にんにくに事前に軽く熱を通してありますので、油がグツグツし始めたら、食べられます。

【にんにくホイルの応用編】
まず、にんにくホイルを食べ、何個か残して鉄板で細かくしてお皿に取り分けておき、後に注文するもんじゃやお好み焼き、焼きそばに使うと、これまた非常に美味しい仕上がりになります。
特に焼きそばがおすすめです。ソース焼きそばでも大変美味しいのですが、ゴマ油をたっぷり吸ったにんにくは、塩焼きそばにすると絶品です。

 花にしん


甘酢でしめたにしん(一口サイズくらい)に、生姜・昆布・スルメ・ニンジンを細切りにしたものであえています。にしんはクセが無く、美味しく召し上がれます。ビールやお酒のおつまみにもピッタリです。花にしんは、古くからのお得意様を中心に、人気のある商品です。中には、お一人一皿ずつご注文されるお客様もいらっしゃいます。何かもう一品、と思いましたら是非お試し下さい。

 じゃこ豆腐


豆腐に大葉・玉ねぎ・じゃこがのってます。 プラスポン酢。じゃこは、白ゴマと一緒に胡麻油で炒ってあります。ポン酢とじゃこにからまっている胡麻油がほどよくまざり、豆腐によくあいます。アルコールにも合う健康的なおつまみです。

 豆腐サラダ


基本的にサラダはあっさりとしています。
特に豆腐を使うとよりあっさりとしたサラダになります。当店では、ゴマを使った少しコクのあるドレッシングを使っていますので、あっさりしすぎずバランスのとれた商品になっていると思います。もんじゃもキャベツをたくさん使ってヘルシーな食べ物ですが、豆腐サラダでよりヘルシーな食事を☆

 冷やしトマト

居酒屋さんでも、定番の一品です。 大変シンプルですが、もんじゃ等で熱くなった口をさっぱりさせるにはもってこいです。

 中華サラダ


味付きの中華クラゲが入った人気メニューです。コリコリとした歯ごたえがたまりません。盛り付けてある、キュウリやトマトと一緒に食べても、美味しいです。

 海草サラダ


レタスを敷いて、海草をたっぷり乗せ、水でさらして辛みを抜いた玉ねぎスライスを加えて、和風のゴマドレッシングをかけます。あっさり・さっぱりした味付けです。もんじゃで熱くなった口をヒンヤリと冷ましてくれます。海草のミネラル・玉ねぎで血がサラサラ。

 あんこ巻き・あんず巻き

あんこ巻き・あんず巻きは、月島のもんじゃ屋では定番のデザートです。要はあんことあんずのクレープです。白い生地を薄く広げ、あんこ(又はあんず)をのせ巻いて食べます。生地を全て使って焼き上げた後、人数分に切り分け召し上がってもかまいませんし、生地を小さく沢山作ってちょっとずつ焼き上げて召し上がってもかまいません。あんず巻きにはお好みでメープルシロップを付けて食べても美味しいです。昔からの素朴な味です。

 魔王


芋焼酎の『魔王』です。
1本(720ml) 4000円 でお飲み頂けます。コースをご注文のお客様には、3000円でお出ししております。原材料が芋だとは思えないくらいフルーティーな香りが感動的です。 
是非、お試しいただきたいと思います。

 生グレープフルーツサワー


サッパリとして飲み易いので、もんじゃやお好み焼き、鉄板焼きには良く合うサワーです♪

 月島もんじゃラムネ


『月島もんじゃラムネ』です。 お子様はもちろん、大人の方々にもよくご注文をいただきました。 ある週末には、一日で30本以上の売れてしまいました。お持ち帰りも出来ますから、飲まずにご自宅に持ち帰り、風呂上がりに一本!